<英会話で一番使える部分が満載・それが中学英語!>

みなさん、こんにちは!宮崎ハロー英会話教室の日本人スタッフ・SAYAです!

あっという間に夏休みも終わりに近づいています。
学生のみなさんは、宿題は済ませましたか?

聞くところによると、学校によっては補修授業で夏休みがたった2週間しかない所もあったとか。
子供たち、本当によく頑張りますね~!
いよいよ日本も英語の本格授業が小学校の高学年から正式に始まるようですが、今現在はまだ中学校から本格的に英語を学びます。そして、

「中学英語では、英単語や英文法を学ぶよりも、もっと会話を中心に勉強するべき!」

そんな声をよく耳にします。
でも、中学英語で学ぶ単語や文法は、会話で必要となる基礎の部分です。日本語に例えて言うと、正しく綺麗な日本語を話すための必要最低限の言葉や文法を勉強するようなもので、この部分が抜け落ちてしまうと、幼稚な英語しか話せなくなります。

もちろん、文法や単語ばかりを勉強していても、肝心の聞き取りや会話ができなくては本末転倒になってしまいます。

【日本式英語学習】・・・基礎単語と基礎英文法の学習
【ネイティブスピーカーとの英語学習】・・・ヒアリングとスピーキングの学習

これらのバランスが重要。

文法が得意な人は、正しい文法を使った会話力を磨く。⇒ネイティブスピーカーとの学習
スピーキングが得意な人は、正しく聞き取る力とボキャブラリーを増やす。⇒単語を覚える

など、自分が得意・不得意な部分をしっかりと把握して、不得意な部分を克服するための勉強をしましょう!

今は、中学校にネイティブスピーカーの先生がいます。生の英語に慣れるには、ネイティブの先生と親しくなるのが一番!
でも英語が苦手だからといって、なかなか彼らに話しかけにくいと感じている学生は多いと思います。
日本人が英語を話すのが苦手な一番の原因は、「恥ずかしい」と思う気持ちです。

話せなくて当たり前!
知らなくて当たり前!
だから今、話せるようになるため、新しい事を知るために、思い切って話しかけましょう!

<ハロー英会話教室の中学生コース>

宮崎ハロー英会話教室には、【中学生コース】もあります。
学校では学びきれない英会話の大事な部分が、ハローの先生たちから学べます。

★学習風景
中学生英会話

学習に使われる教材は、興味深いトピックとバラエティーに富んだアクティビティーが軽快なペースで展開され学生が楽しみながら学習できる教材“Go for it”を使用。
中学生英会話教材

英語演習を通して各トピックについて学ぶと同時に英語でのコミュニケーションを習得できます。
“Go for it”は学校の検定教科書と共通の学習項目なので生徒は学校で学習した内容を復習でき、またその内容を実際に英語で声に出すことができます。
また新しい単語、表現、文法も学習します。生徒は英語を暗記せねばならない教科の中の1つではなく、他の人とのコミュニケーションを取る為の意味ある技術として考えるようになります。

会話の勉強は1人では出来ません。学校やハロー英会話教室をドンドン使って、楽しく英語を学び、会話のスキルを上げていきましょう。
宮崎ハロー英会話教室は、全ての学生の力になれるように、先生・スタッフ一同頑張ります!

受講生の生の声(レビュー)が知りたい方は、コチラから!受講生の声・レビュー

Leave a Reply