中学校で学んだ文法・英単語を活かす!>

こんにちは!Hello英会話教室・日本人スタッフのSAYAです!

最近になって、夜間はすっかり過ごしやすい気温になってきましたね~。
全国で秋雨が降っていますが、これが落ち着くと、秋が一気に深まります。

余談ですが、秋雨(あきさめ)を英語で言うと
【autumnal rain】
この autumnal という単語には、「秋らしい」「秋っぽい」「秋の気配のする」のような意味があります。抒情的な単語ですね~!

さて、本日のお題は。。。
中学校で培った英単語や英文法を活かすです!

英語を勉強するタイミングは、人それぞれです。
母国語である日本語を無意識に吸収する幼児期に英語も始めると、一番自然に近い状態で英語を身に付けることができると言う有識者の方は多いです。しかし、そんな環境で育つことができる人はほんの一握り。大抵は、中学校から、近い将来には小学校高学年から英語の勉強は始まり、ほぼ機械的な作業で【英文法・英単語】という【知識】を身に付けていきます。

こういう機械的な、単なる【知識】の一つという位置づけの英語学習では、本来必要とされる【聞き取り・会話】が身に付きません。
でも、まだまだ日本では、ネイティブの先生を相手に【生の英語のコミュニケーション】をする時間が少ないのが現状です。
では、この限られた「英語環境」の中で、どうやったら【生きた英語】を話すことができるようになるのしょうか?

Hello英会話教室のDuncan先生は、高校や高専で英語を教えています。この日本の現状について、Duncan先生の意見を聞いてみました。

%e9%ab%98%e6%a0%a1%e7%94%9f%e8%8b%b1%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e6%95%99%e6%9d%90%e2%91%a1

「私の高校の英語の時間には、生徒同士が英語で話をしたり、コミュニケーションを取ることをとても楽しんでるよ。高校生にとって英語を教える上で重要なことは、真に意味のあるコミュニケーションにおいて、彼らに【英語】を使わせ、練習させること。」

⇒中学校で覚えてきた文法や単語は役に立ちますか?

「もちろん!実際、高校時代に英語が一番上達すると思うよ。なぜなら、高校生の彼らは中学校までに、英文法や単語をずいぶん勉強してきているし、英語の宿題も多くやってきている。つまり、彼らのバックグラウンドにはすでに大変豊富な英語の知識が詰まっているんだ。だから、高校でその知識を使って行う【会話】【コミュニケーション】の時間を与えてやれば、本当にあっと言う間に英語が上達するよ!」

⇒なるほど!大事なことは、【インプット】された知識をいかに【アウトプット】させるかって事ですね!
hello

<知識をアウトプットさせるには、良い先生との出会いも大事!>

私が学生の頃には、学校にネイティブの先生はいませんでした。
日本語のカタカナ的な発音しかできない、日本人の先生ばかりで、、、
それが、全くダメだとは思っていませんが、せめてネイティブが話す英語を【聞き取る】授業が行われていたら、、と思うことはよくあります。

その頃に比べると、今の学校の英語環境はずいぶん改善された感はあります。が、まだまだ改善の余地があると思います。

自力でネイティブスピーカーの発音を聞き取る力を身に付けることは出来るかもしれません。そんな教材が多く出版されてますし、とても役立つ物も多いです。

でも、それも【インプット】の1つです。【アウトプット】にはなりません。
要するに、誰かと英語で実際に英語で会話をしなければ、コミュニケーションの練習にはならないのです。

会話は生きています。相手がどんな言葉を返してくるか予想できません。だから【聞き取る力】を身に付けたなら、今度はそれに対して応える【話す力】=【アウトプット】を学ぶ必要があります。こればかりは、1人で出来る作業ではありませんよね。

高校の英語の時間に、Duncan先生が行っている「生徒同士の英会話」は、本当に大事な時間です。未熟な英語であっても、自分が知っている単語を駆使して会話をする作業を通して英語に慣れ親しみ、それを続けることで自然な英語が自然に出て来るようになっていきます。

最初はとても単純な会話かもしれません。誰でも知っている言葉しか思い浮かばないかもしれません。
でも、それがスタート!ここからです!

⇒Duncan先生から素敵な話が届きました。
「昨日、高専2年生のクラスで英語を教えていた時に、1人の生徒が微笑みを浮かべて、とても楽しそうにしていた。そして英語でこう言ったんだよ。
 【Wow! I can speak English!】
 たった、5文字の言葉だけど、とても特別な瞬間だった。。」

%e9%ab%98%e6%a0%a1%e7%94%9f%e8%8b%b1%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e2%91%a2

私の中学校の英語のテキストは、【This is a book】という言葉から始まっていました。
【This is a book】という無意味な英語に比べて、【Wow! I can speak English!】がいかに生の英語か分かりますよね!
こんなシンプルな英語でも、立派に生きた英語なんです!

こんな瞬間が特別だと感じるDuncan先生も素晴らしいと思います。
こんな先生がいれば、たとえ最初はシンプルな英会話しか出来なくても、恥ずかしがらずに楽しく英語をマスターできるはず!

英会話を楽しく勉強したいと思ったら、Duncan先生に会いに来てください!
いつだってWelcome!お待ちしてます!

最後にDuncan先生の写真をアップ!
duncan-butland

Share →

Leave a Reply