<基本英語に磨きをかける!>

こんにちは!宮崎市ハロー英会話スクールの日本人スタッフ・SAYAです!

日本の中学校の英語は、これまで「詰め込み型」「反復練習型」と言われた授業がメインでしたが、少しずつ「コミュニケーション重視」「学習者主導」の授業が始まっていて、より実践向きの英語教育が急ピッチで進められています。

アジア諸国の中で、日本の英語教育は若干遅れを取っていました。インドでは歴史的な背景もあって、すでにホワイトカラーの間では教育言語が英語になっている州もあります。お隣の韓国でも、1990年代後半に大きな英語教育改革があって、小学校3年生から英語が必修科目になり、コミュニケーション重視の英語教育が取り入れられてきています。また中国でも、都市部では小学校1年生から、地方でも小学校3年生から英語は必修科目で、語彙や文型重視の英語教育からコミュニケーション重視へシフトしています。

日本でもいよいよ小学校から英語が必修科目となる時が近づいています。これまでと全く違う英語教育が展開されると予想しますが、新しい英語教育に間に合わなかった人たちの、「詰め込み」「反復練習」の英語が無駄にならないようにするバックアップ体制を作ることも必要なのではないかと思います。

政府が方針として定めるには時間がかかります。これまでの英語教育を無駄にしないためには、私たちのような民間英会話スクールを十分に利用して欲しいです。特に、文型や語彙を本格的に勉強する中学生になったら、ネイティブスピーカーを常に相手にして英語でコミュニケーションが取れる環境を作ることで、学校で学んだ英語に磨きがかかります!

<中学生英会話コース>

中学生コースの「1年生・2年生」向けに使用している教材は、”Go for it“。この教材は、日本の中学校で使われている検定教科書と共通の学習項目が組まれており、生徒たちは学校で学んだ内容を復習することができるだけでなく、彼らが興味を持つようなトピックスや様々なアクティビティが軽快なペースで展開されているので、楽しみながら学習できる教材として定評があります。

宮崎市 ハロー 英会話 中学生 コース 教科書

検定教科書と共通の学習項目が組まれている優れたテキスト!

・各ユニットはLesson A とLesson Bの短いレッスンで構成されています。Lesson Aでは言葉の基礎を学び、Lesson Bでは応用練習を通じてより流暢に話せるよう練習します。

・「レンタルビデオショップ」、「フードコート」、「夏休み」、「転校生」など、生徒の身近なトピックや親しみやすいイラストで生徒の関心を引きつけ楽しく学習できるように工夫されています。

・重要な単語や表現は、 何度も反復練習できるように構成がされ、Readingセクションでは多様なスタイルの文章を紹介。読む前と読んだ後の演習問題も豊富に掲載されています。

・巻末にリーダーやプロジェクト、会話用演習や文法の演習問題あり!

「中学3年生」向けには、”Heads up 4” というテキストを使用。

宮崎市 ハロー 英会話 中学生 コース 教科書

高校受験対策もバッチリのテキスト

・生徒に分かりやすいレイアウトが工夫されており、「講義時間を少なく、練習を多く」をモットーに、少ない授業時間で効果が出るように構成されています。

・復習セクションでは、自作の辞書の作り方や単語の記録の仕方など、学習に役立つテクニックが紹介されています。

<インプットしたものを必ずアウトプットする!>

外国語を勉強する時、私たちは多くの外国語に関する情報をインプットします。インプットした情報には、理解できるもの、できないものがありますが、私たちは自然に「理解できるものだけ」を頭に残します。さらに、「理解できるもの」の中から、確実に「忘れないもの、記憶として定着するもの」が残り、「習得」した状態になるのです。

しかし、ただインプットして「習得」しただけでは、あまり役に立ちません。それを実際に使ってみないことには、その情報が正しいのかどうか確認ができませんし、修正することもできません。そのようなインプットは、社会では通用しない言語を生むだけです。

実際に使うこと、すなわち「アウトプット」が正しい言語習得には不可欠なのです。

ハローでは、この「アウトプット」をとても大事にしています。実はインプットは学校の英語の授業で大体済んでいます。ですので、あとはそれを実際に使う、「アウトプットする」だけで良いのです。

ハローの英会話では、とにかく自分の頭にインプットされた情報を、間違いを気にせず使ってもらうことを行います。先生は、間違いをちょっとずつ訂正しながら、その場面に出て来る文型などを確認することで、正しい英語が身に付くように指導します。

この方法は、世界の外国語習得の現場で行われている「フォーカス・オン・フォーム」という教え方の一端です。ハローのダンカン先生は、英語教授法を大学で専門的に勉強したエキスパート!ハローの英会話では、このような世界標準の教授法で英会話を学べるのです。

~学校の授業についていけなくても大丈夫?~

~英語が苦手になりそうだけど、どうしよう。。~

そんな心配まったく必要ありません!ハローで英語を勉強すれば、必ず英語が大好きになります。英語が好きになれば学校の授業が楽しくなります。英語が得意な教科になること間違いなし(^^♪

まずはお問い合わせください。無料体験レッスンも好評受付中!!

お問い合わせはコチラから!⇒ハロー英会話教室お問い合わせ

Leave a Reply