<英語教育が変わる!>

新学期が始まりましたね~!みなさん元気に学校に通ってますか?

こんにちは!ハロー英会話スクールの日本人スタッフ・SAYAです。今回はちょっと硬い話から始めたいと思います。

現在、小学校の5年、6年で英語の授業が取り入れられています。ただし取り入れられていると言っても、成績が付く「教科」になっている訳ではなく、あくまでも「外国語活動」としての英語の授業です。

それが2020年度からは、「外国語活動」が3年生、4年生に引き下げられ、5,6年生の英語は「教科」に引き上げられます。「教科」に引き上げられるということは、成績が付くということ。いよいよ本格的に英語が小学生の授業に組み込まれるというわけです。

こんな風に書くと、いきなり小学校の3年生から中学校で習うような「英文法」を勉強させられるのかというと、それは違います。

政府の方針では、小学校では文法は勉強せず、「聞く」「話す」が中心の授業になるそうです。小学生の間に英語を聞いたり話したりすることに慣れ親しみ、中学校から始まる本格的な英語の授業に繋げるという考えのようです。

「2020年度ならまだ2年もある!」

そんな風に考えているお父さん、お母さん!そんな悠長なことは言ってられませんよ~!

文部科学省は、全国の都道府県・市町村に対し、英語の必修を2018年度に前倒しするように求めているのです。

ということは、今年の4月から小学3年生になる子供たちは、英語を勉強することが求められるようになるのです。

もちろん、ここで書いたことはとっくにご存知の親御さんも多いと思いますが、実際のところ、どのような英語の授業になるのか、子供たちは付いていけるのか、先生の指導は大丈夫なのかなど、心配の種は尽きません。

そんな心配の種を無くすために、私たち「ハロー英会話スクール」を利用しませんか?

<小学生が喜ぶディズニーが登場!>

小学校時代は、日本語で最低限必要な「漢字」や「言葉」を学ぶ大事な時期です。その時期に合わせて英語に触れ、「英語で聞く」「英語で話す」ことが、実は日本語にも良い影響を与えると言われています。また、ダンスが必修となっている今、多くの英語圏のポップスが当たり前のように子供たちの周りに溢れ、自然に英語に対する違和感が無くなってきているのではないでしょうか。

本格的な英語の学習が始まる中学校進学までに、基礎的な英会話や英単語を”正しい発音”で身に付けることで、その後の英語学習にスムーズに移行できるだけでなく、英語が得意科目となり、その後の進学にも大きな良い影響を与えるはずです。

小学生のクラスで使用する教科書は、子供たちが大好きなディズニーのキャラクターが登場する“English Land”。夢と冒険に満ち溢れた世界を通して、英語を楽しく学習していきます。

このテキストは、英語を母国語としないアジアの国々の小学生向けに作られており、6つレベルで構成されています。子供たちの「もっと知りたい!」「もっと学びたい」という熱い気持ちに応えます!

この他、ハローの小学生コースでは、ストーリー、歌、チャンツ、ゲームなどの面白い活動を通して、会話を楽しむと同時に、フォニックス(単語の読み方を発音と関係づけて教える方法)の学習で、英語の音と文字を同時に学び、また読むこと書くことも学んでいきます。

さらに、生徒に読む力をつけさせる為、オックスフォード大学出版の“Phonics FUN Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)”を使用します。この教材は、子供たちが英語を楽しんで読めるように、ストーリーとフォニックスを結び付けて作られた教材です。それぞれのストーリーは、「英語を母国語としない」学習者用にデザインされており、使用する語彙を絞ることで基礎力のアップが図られています。

~英語って難しそう。。~

~英語の発音ができないかもしれない。。~

みんな誰だって最初は不安です。でもハローの先生たちと一緒ならそんな心配は必要ありません!子供たちが大好きな先生たちと一緒に、楽しい英語の世界へ飛び込みましょう!

無料体験レッスンも行っております。まずはご相談ください。

お問い合わせはコチラから!⇒<ハロー英会話教室お問い合わせ先> (edit)

Leave a Reply